MENU

TEL(0575)23-8554
〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2
AM10:00~PM8:00 火曜定休

blogブログ

TOP > レンズ > 初めてのレンズ染色体験。

初めてのレンズ染色体験。

2017年5月24日6:24 PM レンズ

先日ブログでもご報告したHOYA㈱の工場見学。

その工場見学の体験として、人生初の「レンズ染色体験」をしてきました。

その時染色したオーナーとスタッフのレンズが手元に届いたので改めてレポートしたいと思います。

 

attachment00

まずこちらがオーナーが希望したサンプルカラー「トゥルーグレイ15%」

 

トゥルーグレイ15%の染色手順は「1.グレーの液に40秒浸す 2.マゼンダの液に3秒浸す」これが見本色のレシピ通りの手順です。

しかし実際の染色ではこのレシピ通りの手順で作業をしても、レンズの素材・厚み・その日の気温・その他の複合的な要素によって染まり方に差が出るそうです。しかもすべて人の手で染めているんです。

だからこそプロの視点と経験で細かな微調整を施し、結果見本色と同等の染色を一つ一つ手作業で行っているそうです。

 

attachment00 (2)

こちらがオーナーが染色したレンズ。

カラーよりレンズの厚みに目が行ってしまいますね。笑。

 

先ほどの手順でほぼ見本色と同じカラーになりましたが、今回は指導員の方に「このままのカラーでいきますか?それともオリジナルのスパイスを足してみますか?」と尋ねられたので、オーナーは更にブルーの液に2秒ほど浸し仕上げました。

 

attachment02

若干ブルーがかり渋いカラーになりましたね。(^^)

 

attachment01

スタッフのサンプルカラーは「スパーキーイエロー25%」

あえてちょっと個性的なカラーを選んでみました。

 

スパーキーイエロー25%の染色手順は「1.イエローの液に8分浸す」これが見本色のレシピ通りの手順です。

 

attachment01 (2)

しかし実際に染めてみると思ったより薄い色づき。

やはり素材や状況によってレシピ通り染色してもその通りにはならないんですね。難しいです。

「もっと濃くするにはもう一度イエローの液に浸すか、ブラウンを足します。それともちょっと他のカラーを足してみますか?」と聞かれたので、直感的にグリーンをプラス!

 

余り長くグリーンの液に浸すと結果グリーンのレンズになってしまうので、ほんの一瞬。

レンズ全体に液を浸し直ぐに引き上げる。

 

attachment03

 

結果ライムレモンのようなオリジナルのカラーになりました。

スタッフ、結構気に入ってます。

 

attachment02 (2)

ちなみにレンズの厚み。-1.00のスタッフに対して約10倍の度数があるオーナー。

こんなに差が出るんですね…。

 

attachment03 (2)

今回の染色体験で染色の難しさ繊細さをしりつつ、それと同時に楽しさも感じました。

レンズカラー、奥深い…。

 

以上が今回の染色体験レポートでした。アナログだからこそできるこだわり、レンズ染色に職人技を体感できることが出来、とても貴重な経験をさせて頂きました。

スタッフ(ロωロ)ゞ

 

 

 

 

 

岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami

修理・お問合せ: TEL(0575)23-8554

〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2

AM10:00~PM8:00 火曜定休

Social media


pagetop