MENU

TEL(0575)23-8554
〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2
AM10:00~PM8:00 火曜定休

blogブログ

TOP > その他の記事 > 最近登場回数が少ないので

最近登場回数が少ないので

2008年9月4日7:03 PM その他の記事

こんばんわ。今日も雨降りましたね~。朝はとても爽やかな晴れ間の中、気分爽快で自転車こいで来たんですけどね~。
今日のブログは、久しぶりにがっつりLAFONTの紹介を。amiには無くてはならないブランドの1つと言えるLAFONT。着実にこの地域のお客様にもファンが増えつつあるのを感じて、とっても嬉しいです。
来月のIOFTでも、しっかり新作をチェック&仕入れしてくる予定ですので、お楽しみに。amiにはまだ未入荷ではありますが、イタリアのmido展にてすでに発表済の最新作はかなりの出来とのうわさを聞いておりますので、今からアドレナリンでまくり~なんです。
とはいえ、最新作じゃない過去のモデルも傑作ぞろいなのがLAFONTの素晴らしさ。
ということで、年月に関係なく、やはりLAFONTのカラーマジックはすごいっていうのを感じていただきましょう。
ご紹介するのはLAFONT OPHELIAです。

こちらはCOL,241。ベースはマットピンクのメタル。
フロント上部と、モダン(耳に掛ける部分)に使われているセル生地がLAFONTオリジナル。
パッと見はうすーい、グリーンなのですが、近づいてよ~く見てみると

古代文明の壁画に描かれているかのような神秘的な模様がピンクカラーにて描かれております。
この模様が、光があたって浮かび上がると、またさらにこのフレームの違った表情が見えてくるわけです。

色違いのCOL,126。ベースはマットレッドのメタル。
セル部分は、これまた一言では表現できないほど奥ゆかしいカラーとなっております。
このCOL.126は他のモデルでも人気のカラー。基本が赤ということで合わせやすさもあるのですが、実はなかなかのお洒落さんを演出できるカラーといえます。

ベースの赤に何色ものカラーが合わさり、素晴らしいハーモニーを奏でております。赤の部分も鳥の羽根かのような独特な生地となっております。

最後に登場は、ぐっと落ち着いたカラーのCOL,121。
メタル部分は濃いめのブラウンで、しっとりした印象に。セル部分はややトーンの明るいブラウンがベースに。

でも・・・・・こちらもよ~く見ていただきますと、なんと
間にゴールドのラメ入りの生地がサンドされているんです。ですから、一見地味目で落ち着いたブラウンかと思いきや、チラッチラッと見えるゴールドのラメがゴージャス感や、艶っぽさといったやや大人な印象を演出してくれるわけです。

こちらのカラーは男性の方にもお勧めしたいカラーですね。
どうですか、やっぱLAFONTのフレームはテンションあがりますね~。
上がりすぎて、文章長くなってしまいました(--〆)
それでは、新作の入荷も気になるところではありますが、店頭のモデルだって、まだまだすんごいのた~くさんあるんですよ~ということで、また明日。

岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami

修理・お問合せ: TEL(0575)23-8554

〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2

AM10:00~PM8:00 火曜定休

Social media


pagetop