MENU

TEL(0575)23-8554
〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2
AM10:00~PM7:00 火曜定休
(PM7:00~PM8:00のみ完全予約制)

blogブログ

TOP > 投稿

ナチュラルな多角形。

2021年5月19日6:15 PM BJ CLASSIC COLLECTION

BJ CLASSIC COLLECTIONPREM-140S NT¥37,400

本日ご紹介するのは「BJ CLASSIC(ビージェークラシック)」のモデルです。

最近注目を集めている多角形フレームの細メタルバージョンですよ。

 

col.1-2 ゴールド×デミ

レンズの形が六角形を描いたヘキサゴンフレーム。

線が細いので意外とナチュラル。ボストンっぽい雰囲気もあるのでサラッとかけれちゃいます。

 

レンズの周りにはべっ甲柄の七宝塗装が施されています。

この艶感、輝き方は見入ってしまうほどの美しさ。品の良さも伝わります。

 

鼻パットは金属アレルギーが出にくいと言われているチタン製。

この小さなパーツが金属であることでグッと高級感も高まります。

 

細く繊細なラインのテンプル。

細身のメタルテンプルは比較的耳当たりが良く、かけ心地も軽く感じます。

 

さり気無く周りと差別化が図れる多角形フレーム。

またジェンダーレスに楽しめるモデルです。

スタッフ(ロωロ)ゞ

 

サイズアップして登場です。

2021年5月15日11:13 AM OAKLEY

OAKLEYMETAL PLATE¥32,560

本日ご紹介するのは「OAKLEY(オークリー)」のモデルです。

数年前に発売された人気モデル”METAL PLATE”の大きめサイズが登場です。

 

col.Pewter OX5038-0257

シンプルかつオーソドックスなフォルムのメタルプレート。

フレーム上部のラインが太目で、力強さも感じる男性的なデザインです。

 

カラーも艶無し、落ち着いたトーンでシックな雰囲気。

 

サイドのスクエア型OAKLEYのロゴがポイント。

フロントデザインがシンプルな分、このアイコンがより引き立ちます。

 

テンプルエンドには汗などの水分を含むことでフィット感をより高めてくれる、OAKLEYの特許素材を仕様。

 

以前登場したモデルは53サイズでしたが、今回は約一回り大きめの57サイズ。

この4mmの差は意外と大きいので是非ご試着なさってくださいね。

スタッフ(ロωロ)ゞ

ゆったりサイズの心地良さ。

2021年5月12日4:40 PM LAFONT

LAFONTHAMILTON¥41,800

本日ご紹介するのは「Lafont(ラフォン)」のモデルです。

今回は男性向け、サイズ感も大き目で楽にかけられますよ。

 

col.3135 ブルー×ブロンズ

ブルーをベースとしたデミ柄、でしょうか?独特のカラー。

形はベーシックなスクエア型。かけやすいモデルです。

 

よく見ると下半分はまた変わった柄の入り方になっています。

フロント部分はプラスチック素材ですが、かなりタイトなラインになっていおり重さを感じさせません。

思った以上にスッキリとした印象です。

 

テンプルも細めでスッキリ。

 

フロントとテンプルを繋ぐメタルパーツにもテンプル同様細工が施されています。

 

col.1057 ブラウンササ×ブルー

こちらはクリア生地にダークブラウンとブルーのラインがランダムに入ってフロントカラー。

やや個性的な柄ではありますが、以外とシックにきまるモデル。

 

col.5156 ブラウンデミ×シャンパンゴールド

3本の中では一番王道なカラー。

 

以上3色ご用意しています。

さりげないオシャレ感がしっかり伝わる素敵なモデルです。

スタッフ(ロωロ)ゞ

第4回 amiの社会見学開催。

2021年5月10日11:08 AM イベント

先日5月8日(土)に毎年恒例amiの社会見学を開催、今年も周りの状況を鑑みて極少人数で行いました。

 

午前の部は関善光寺にて《メガネ供養》を行いました。

「なぜ関善光寺で?」と時々聞かれるのですが、実は関善光寺には眼の佛さまがいらっしゃるんです。

今年も約50本程のメガネをご供養させて頂きました。

 

そしてご祈祷後は参加者の皆様に日本で唯一の『卍戒壇巡り』も体験。

一筋の光も入らない真っ暗闇を手探りで歩きます。

モノが見えること、光のありがたみを改めて感じますね。

 

午後からは二十五代藤原兼房鍛冶場にて『刀匠とのペーパーナイフ作り』の体験会です。

 

五寸釘を鍛錬してペーパーナイフを作ります。

上の写真が出来上がったペーパーナイフのサンプル。刃の形や反り、持ち手部分のデザインも様々。

自分だけのオリジナルの一本が刀匠師事の元で作れるのはかなり貴重です。

 

現役の鍛冶場で、刀匠たちが普段刀作りで使っている道具を実際に触れます。

これはかなりテンションが上がりますよ!

尚、こちらの鍛冶場には何度もメディアが入っています。

2017年度ACジャパンのCM『TOKYOだけじゃない。』でも登場。撮影現場にもなっています。

 

形が出来たら、次は刃を付ける為の研ぎ作業。

これがまた大変なんですよね。しかしペーパーナイフとしての切れ味を作るためには頑張るしかない。

 

刃を付けた後は錆び防止のためにもう一度焼いてオイルをぬります。

出来上がったペーパーナイフは真っ黒。かなりカッコいいです。

自分だけの”お守り刀”にもなりましたね。

 

今回も『古式日本刀鍛錬』の実演も披露してくださいました。

これは本当に本当に贅沢!

トンテンカンという心地いいリズム、きっと厄除け効果もある事でしょう。

 

ちなみに後ろでカメラを構えている方は、中日新聞記者の方です。

5月9日の中濃版に掲載して頂きました。ありがとうございます。

 

鍛錬を見学した後、参加者の皆様は実際に鎚を振り鋼を打ちました。

見てる分には簡単そうですが、真っ直ぐ鎚を振りおろすのは思った以上に難しい…。

 

そして最後は真剣を持ち記念撮影。

参加者のお一人が剣道経験者。

構えが様になり過ぎてちょっと怖かったです。笑

関市にいると意外と日本刀を握る機会がある。本当にすごい土地だと思います。

 

以上、今年も『刃物のまち 関市』を堪能できるイベントとなりました。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様です。

 

来年も同時期に開催予定です。

今年参加できなかった方も、是非来年ご参加くださいね。

スタッフ(ロωロ)ゞ

 

 

 

 

色の作り方、見せ方が素敵です。

2021年5月7日5:59 PM prodesign:denmark

prodesign:denmark3637-1¥36,300

本日ご紹介するのは「prodesign:denmark(プロデザインデンマーク)」のモデルです。

 

ややバタフライっぽさも感じるウェリントンフレーム。

プラスチックフレームですが全体的に線が細く、スッキリとした印象です。

 

col.3922 クリアパープル×デミ

クリアパープルをベースにしたデミ柄。

このデミ柄も、実は複雑な生地の張り合わせで表現しています。

これは是非現物を見て確認して頂きたい演出。

 

テンプルも細め、角度によって色味が変わるちょっと変わった塗装もポイントです。

 

色使いの楽しさ、見せ方に定評のあるprodesign:denmark。

形はスタンダード、だけどさり気無く周りと差を付けられるモデルです。

スタッフ(ロωロ)ゞ

 

 

岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami

修理・お問合せ: TEL(0575)23-8554

〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2

     

AM10:00~PM7:00 火曜定休
(PM7:00~PM8:00のみ完全予約制)

Social media


pagetop