MENU

TEL(0575)23-8554
〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2
AM10:00~PM8:00 火曜定休

blogブログ

TOP > お客様 > やる気が2割増し

やる気が2割増し

2010年11月24日7:31 PM お客様

こんばんわ。
ここ数日、暖かいですよね。寒さに慣れてきたのか
今日のブログは字ばっかです
今日はお客様に頂きましたとってもとってもとっても素敵なメールを、皆様にもちょっと自慢を込めてご紹介したいと思います。
(若干褒めすぎな感もありますが、その辺は大目に見てもらうとして
)
amiとしての考え方を代弁していただいたかのようなメールに、感動すら覚えてしまったんですよね。
ではどうぞ~
昨日はありがとうございました。
思っていた以上に色々なお話をきかせてもらえてとても愉しかったです。
 
メガネも含めて、服飾関係の商品は販売員さんの言葉が大きいですね。
今回の私のようなケースで、ちょっと商品に対してのこだわりを持っているような場合は特に。
やはり物を買うという行為は、物が自分の手に入ること以外にもいろんな要素が混じり合って
満足につながるんですね、その商品の成り立ちや、理由などの背景を知って、納得すること。
それは知ったからといって、直接どうなるものでもないのですが、自分の中での価値はグッと上がりますよね。
なんでもかんでもそういうことが必要というわけではないでしょうが、物を大事に扱うなどの気持ちは生まれるはずです。
しかし、それを得るためにはそういう販売員さんのいるお店でしかあり得ません。
Eyewear shop amiではそれが得られるお店だとよくわかりました。
 
脱線しますが
しかし、最近の消費者向けのアナウンスの傾向として価格、安さの面が強調されている気がします。
まず安さありきのような。。。
その価格を出すための手段として、人件費削減があるでしょう。ネット販売などは最たるものです。
ということは、接客に対しての効率化も図られているはずです。
店員に話かけられるのが嫌な人もいますので、
全てが悪いわけではありませんが、客それぞれに対しての適切な対応ができない場面も多々あるのでは思います。
 
その店、古田さんは真逆ですね。
八百屋のおっさんが野菜のことならなんでも答えるように、メガネ屋の古田さんはメガネ。
メガネ屋の職人(メガネを売る職人)そんなイメージです。
 
脈絡なく綴ってしまいましたが、
そちらのお店でEnaLloidを購入できてとても満足していると伝えたいだけです。。
r=”#0000bf” size=”2″>まずは、来月頭の妹の結婚式で彼に活躍してもらいます。(その時まで閉っておくつもり)
主役は私ではないので、そんなに気合いをいれても仕方がないとは知りつつも。。
王冠がどの位目を惹くでしょうかね?
いかがでしたでしょうか、改めて読んでみてもやっぱりちょっと褒めすぎ
でも、こんなお客様たちに囲われている僕ってやっぱ幸せだな~って改めて感じさせていただいたメールでした。
これからもH様のように感じていただけるお客様が一人でも多くamiをご利用いただけるよう頑張らなくては

岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami

修理・お問合せ: TEL(0575)23-8554

〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2

AM10:00~PM8:00 火曜定休

Social media


pagetop