MENU

TEL(0575)23-8554
〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2
AM10:00~PM8:00 火曜定休

blogブログ

TOP > その他の記事 > カラーメタルの底力

カラーメタルの底力

2008年4月13日7:44 PM その他の記事

こんばんわ。最近しっかり天気予報通りの天気ですね~。昼から「しとしと」とした雨。
朝、とってもいい天気でしたので自転車できました。「春雨じゃ、濡れていこう」とは思わないので、帰りは迎えに来てもらいましょう。
さて、本日もたくさんのお客様にご来店いただきました。本当に毎日ありがたいことです。
最近の流行としてセルフレームの注目度はもちろん高いのですが、メタルってやはりコレクションとして外せないですよね。ということで今日ご紹介するのはメタルフレーム。中でもカラーメタルにスポットを当てて見たいと思います。以前もすこーしご紹介しましたが、今回はそれの第2弾。

MUNIC MEW2 COL.10-01。
ホワイト&ブラックのコントラストがいいアクセントを出してくれる1本です。ブラックの部分と、ホワイトの部分でカーブに差をつけ、立体感のある仕上がりになっています。艶消しにしてありますので、よりインパクトが出てオシャレのアクセントとして十分なモデルです。

次はこちら

Ti-feel VICKS COL.4。
全面は艶消しのコバルトブルー、裏面はホワイトとこちらもなかなかのハイセンスな1本です。
こちらも全面と裏面のコントラストにノックアウト気味のモデルですが、カラーだけではなく、造りにも注目です。
サイドはややボリュームのある中に上手く空間も取り入れて、掛けた時にサイドからちらっと見える内側のホワイトがたまりません。

2本白色が続いたので、次は赤。

これまたなかなかのバランス感のあるInes IFO26 COL.504。
トップリム(フレームの上部)に施されたやや艶感のある赤がこのモデルの肝です。
さらに、わずかに作られた隙間がこのフレームをよりハイセンスに仕上げています。でも意外にこのフレーム掛けてみるとしっくり馴染んでしまうんですよ。
この位のさりげない赤の使い方、ぜひ男性にチャレンジしていただきたいです。

最後に

LAFONT ORPHEO COL.129。
前面のカーキもきれいなのですが、内側にあるオレンジがオシャレ感をぐっとアップさせています。さらにモダン(耳に掛けるプラスチック)も手を抜いていないあたり、さすがLAFONT。
ご存知の方もいるかもしれませんが、このモデル、実は私も使っています。このフレームを見た時、とにかく第一印象から文句なしでした。

いかがでしたでしょうか、今日のメガネ紹介。楽しんでもらえたのでしょうか?
自己満足なブログになりつつありますが・・・・

4月のイベントの詳細はこちらをご覧ください。

↑こちらでご紹介しております、限定コレクションケースですが、おかげさまで好評で、残りもわずかとなってまいりました。ケースが欲しいなあっていう方はお早めにご来店ください。

岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami

修理・お問合せ: TEL(0575)23-8554

〒501-3217 岐阜県関市下有知397-2

AM10:00~PM8:00 火曜定休

Social media


pagetop